○●Happy Go Lucky-明日も天気になぁれ-●○

Pop RenuaL!!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
メロメロパーク
PROFILE
OTHERS
Search this site.

LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
チンくんの髪型にしたぁーいよ
こんにちわんつー!!

今日もコンタクトを買いに仕方なくお出かけしてきたはるですがー。
いや、これでもテスト前の学生です。
だって、コンタクトは必需品ですから。
車に揺られて20分。一応教科書常備ですが(持ってるだけ/笑)
アメちゃんは好きだけど、雨は嫌いなはるですウィンク

最近ドコモのCMよく見るー♪
やっぱあたしって強運の持ち主だッ!!(黙れ)
24時間のTシャツを何が何でも手に入れたいなぁー。
だって、あのゆっちがデザインするんだもんww(笑)
「マイボス☆マイヒーロー」楽しみです。
鈴木カルロス三郎太も少し見たいですが。(笑)
てか、24時間に篠原サンも参加するとか??
あー…嬉しい嬉しいちっちっ
24時間バッチリ録って、バッチリ見ようと思ってるヲタですw


照れて笑った顔が可愛いあなたが好き
メンバーと爆笑しているあなたが好き
いじられて涙目になるあなたが好き
泣きそうになるくらい切ない歌声のあなたが好き
バカなことばっかり言うあなたが好き
元気付ける歌も歌えちゃうあなたが好き
いつも頑張るあなたが好き


あたしはやっぱり赤西が大好き

その気持ちが強くなればなるだけ、
不安も切なさも、喜びも楽しみも増えていく。
それでもちゃんと掴んでいたい。
あたしが初めて彼を見た時の気持ちを離さずに強く握っていたい。
でも強く握りすぎて、砂が手から零れ落ちていくように、
気づかないくらい少しずつ落ちていく。
気づけば、時間だけが過ぎて、残ったものは…?
あたしは、自分で自分を縛り付けすぎていたのかもしれない。

人間を縛るものは、

「人間の言葉」

なんだ。


いろいろ見直します。
生活習慣も、勉強面も、友達のことも、
もちろんジャニーズのことも。
あたしは、大好きなグループを1つに絞ることもできず
色々なものに流されてきました。
でも、そんな自分は好きではないです。


KAT-TUNは、初めて本気で追いかけたグループです。
関ジャニ∞は、大切なことをたくさん教えてくれたグループです。
NEWSは、色々なことを知るきっかけをくれたグループです。


あたしにとって、今、1番大切なグループは、
関ジャニ∞です。
今の彼らから、どうしても目を離すことができません。
それに、8人で笑う姿をまた見たいと心から思うからです。


そんなこったパンナコッタぁー!!!!
今日の暗めーな話はこのへんで終わりさ☆

今日は堂本兄弟じゃないですかぁッ!!
関西人が9人もいるなんて…なんて騒がしそうな。(笑)
3バカが喋りすぎてないといいね、ホントに。
ワンピース&ウタワラ&堂本兄弟と見る気満々ですッ!!
テスト勉強??まぁ、適度が大事です(やらなすぎです)

でわでわ。
今日はこの辺で失礼しますッm(_ _)m
バイセコーッ!!

17:02 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト

17:02 - -
夢華
こんにちは!
忠義担当:夢華でいす(b'I`*◆)⌒%
このたびですね…移転しました★!
かなりガラッと変えてみたくなったのが
まあ…理由ですたい♪笑$
ついでにリンク整理をまたまた行います!
移転後も繋がっていてくれる方は
$名前
$担当
$URL
$何か一言
を書いて訪問お願いします(^△^●)
宜しくお願いします★!
※コピペ文Sorry※
time:2006/06/25 9:02 PM
はっっはあ!!(何キャラ
インフルエンザまた流行ってるってねー!!
繭はこないだインフルさんに侵されたからしばらくは大丈夫かな爆
だよねだよね!!あのCMの亀は異常だああ
ジャニ批判する仔も、あの亀は認めてたさ笑
新曲もいいし、早く発売してほしーよ♪
でもドリボも出るし他にも買わなきゃいけない
CDもあるし、お金がないぢゃないか汗

繭も携帯ボーダ卒業したいよー
でもあと1年半契約残ってるからそれ終わったら即行
ドコモにするつもりいー!!相方もボーダやめちゃうみたいだし一緒に卒業しちゃおうぜ的なあ何
はいはいー!!ドリボの感想ならお任せあれ★
また見たらメールするょお♪
time:2006/06/25 9:29 PM









http://jinryo-haru.jugem.jp/trackback/345
| /PAGE |